投球理論

 

クイックの速さの基準

 

足の速いランナーが一塁にいる時、ピッチャーならば絶対にスコアリングポジションである二塁にはランナーを進めさせたくないものです。

送りバントならアウトを ...

投球理論

球のキレとは

 

球のキレ、いわゆる『切れ味』。

球は速いのになぜか打たれるピッチャーと、

球はそこまで速くないのに不思議と打たれないピッチャーがいると思います。

その差は

メンタルコントロール

練習を充実させる

 

試合でいいプレーをするため、相手に勝つため、ライバルに差をつけるため、将来プロになるため、

いろいろな思いを持って毎日、来る日も来る日も練習に汗を流していると思います。

イップスの治し方, 投球理論

イップスとは

 

そもそもイップスとは

《精神的な原因などでスポーツの動作に支障をきたし、突然、自分の思い通りのプレーができなくなる症状のこと》

と調べると書いてあります。

実際 ...

メンタルコントロール

夢は叶えるもの

小さなころから私の夢は、『プロ野球選手』でした。

大学を卒業して、プロ野球選手になるまで、その夢が変わることはありませんでした。

以前にも書いたように、私は高校の時、試合にも出ない、『補欠選手』で ...

アマチュア時代の話

肩の怪我を乗り越え

大学3年時に肩の怪我をしてしまった私は、

約半年間のリハビリを経て、4年生の春には投球ができるまで回復していました。

大学2年時に試合に投げさせてもらい、雑誌の取材を受けたり、地元のニュースで ...

アマチュア時代の話

大学1年からベンチ入り

前編の最後にも書いたように、恩師である監督と将来の話をしてから、監督は私をプロの道に進めるようにいろいろとサポートしてくれました。

【前編】高校時代補欠がプロ野球に行くまで 恩師との出会い 必死だった ...

アマチュア時代の話

失敗したくない大学選び 悩みから起きた病気

高校生活に苦しい思いをし、高卒でプロに行くという夢も破れた私は、

大学選びではミスをしたくないと思っていました。

正直に言うと、野球を続けることも悩んでいました。

アマチュア時代の話

夢と希望をもって入学

小、中とエレベーター式に上がったいったのと違って、人生で初めての選択を迫られた高校選び。

どうしても甲子園に出場したくてとにかく強い高校に行きたかった。

その当時福岡で野球が強い高校といえば ...

リクエスト

野球と空手の二刀流

今回は、質問、リクエストがあったので、それにお応えしたいと思います。

小学1年の頃から空手をはじめ、野球を始めたのは、小学3年生からでした。

月、水が空手で、あとは野球という毎日でした。